【たったの3要素】スパイスカレーを作れる男子になろう!

バターチキンカレー カレー

少し凝った料理が作ってみたいなぁ。

もりもん
もりもん

それなら「スパイスカレー」はどうですか?

「スパイスカレー」と聞くと「難しいんじゃないか…?」と尻込みしそうになりますが、案外簡単です。

普通の男子大学生である私でも、美味しくできました。

詳しい作り方は別記事に譲ることにして、この記事ではいかにスパイスカレーが簡単かお伝えしたいと思います。

▼スパイスカレーの詳しい作り方

参考にした本

参考にしたのは「ひとりぶんのスパイスカレー」という本。

当記事のスパイスカレーの作り方は、「ひとりぶんのスパイスカレー」の作り方を参考にしています。

【要約】スパイスカレーの作り方

グレイビーを作っている最中

詳しい作り方は別記事に譲ることにして、ここではスパイスカレーの基礎だけ紹介。

もりもん
もりもん

思ったより簡単で、拍子抜けするはず。

スパイスカレーは、次の3つの要素からできています。

①グレイビー スパイスカレーの下地 。(トマト+たまねぎ+スパイス3種類)

②ベース:水分(水・牛乳など)

③具材:肉、魚、野菜など

①グレイビー・②ベース・③具材の3つを組み合わせて、スパイスカレーを作ります。

スパイスカレー=①グレイビー②ベース③具材

もりもん
もりもん

構造はいたってシンプル。

ベースと具材を変えることで、様々なスパイスカレーが作れます。

ケーキに例えると、分かりやすいかもしれません。

ケーキ:スポンジ生地を基礎に、クリームや果物を変える。

スパイスカレー:グレイビーを基礎に、ベースや具材を変える。

つまり、グレイビーさえ作っておけば、ベースや具材を変えるだけで、色々なスパイスカレーを楽しめるのです。

食べてくれた人の感想

10月末頃、知人にスパイスカレーを振る舞う機会がありました。

私の作ったスパイスカレーを食べる知人

「予想以上に本格的で正直びっくりした」「美味しい」と喜んでもらえました。

彼女にも何度かスパイスカレーを食べてもらって、好評です。

関連記事:【写真付き】10月を振り返ってみる

スパイスカレーを作ることができれば、ちょっと自慢できると思いませんか?

もりもん
もりもん

「スパイスカレーが作れる男」ってちょっとカッコよくない?

人に喜んでもらえるし、イケてる男にもなれるスパイスカレー、おすすめです!

▼スパイスカレーの詳しい作り方

もりもん
もりもん

「スパイスカレー以前に、自炊が面倒くさすぎる…」という方。

「一汁一菜」を基本に、食のリズムを作ることから始めてはいかがでしょうか?

私はここから始めました。


今日のひとこと

自分の作ったスパイスカレーを、知り合いや彼女が「美味しい」と言いながら食べてくれる。

これが、思った以上に幸せな気持ちになれることが分かりました。

自尊心も満たされますし、なによりズボラな自分でも料理で人を喜ばせることができることが嬉しいです。

スパイスカレーの沼にゆっくりと、ズブズブと浸かっていきたいと思います。

以上

コメント