【無料でできる】ベランダ読書で家にいながらアウトドア気分を味わおう

ベランダで読書する私 読書

「暇だなぁ。外に出るのも面倒だけど、家の中に閉じこもっているのもなんか嫌だ。」

「気軽にアウトドア気分を味わいたいなぁ。」

そんな人におすすめしたい暇つぶしの方法を見つけたので、シェアします。

それは「ベランダ読書」。簡単&無料なので、誰でもできます。

ベランダで読書する方法

用意するのはたったの2つだけ。

  • 椅子
  • 適当な紙(新聞紙など)

ベランダに適当な紙を敷いて、その上に椅子を置くだけです。こうすれば椅子の脚が汚れることもありません。わざわざ新しくアウトドア用のチェアを買う必要はありません。

新聞紙の上に置いた椅子の脚

椅子と紙さえ持っていれば、ベランダに自分ひとりだけの最高の空間が作れます。

新聞紙の上に置いた椅子

あとは裸足になって、足をぶらぶらさせながら好きなだけ本を読めばよいのです。最高。

ベランダ読書を実際にやってみた感想

ベランダで読書する私

私は夕方にするのが好きです。夕焼けに染まる空を見ながら、本を読む時間は最高です。

時々本から目を上げ、夕日が空を真っ赤に染め上げているのを見ていると、平凡で何者でもない自分でも幸せを感じられるんだなぁ、としみじみ思います。

もちろん夕方だけではなく、朝の涼しい時間帯にしても気持ち良いだろうし、おやつ時に美味しいお菓子を食べながら、なんてのも良いと思います。

人目が気になる人への代わりの案

ただアパートなどの低い階に住んでいて「ベランダに出るのは人目が気になる。室内じゃないと読書はできない。」という人もいると思います。

そんな人に代わりの案を提案するとしたら、以下のような感じになるでしょうか。

  • 窓を開けてカーテンを閉め、風を感じながら読書する
  • 人目が気にならない程度にカーテンを開け、空を見ながら読書する

自分が「これならいいかな」と思えるラインを探ってみてください。

まとめ

  • 適当な紙をベランダに敷いて、その上に椅子を置くだけ!
  • 朝でも、昼でも、夕方でも、いつやっても楽しい!
  • 人目が気になる人は、「窓だけ開けて風を感じる」など部屋の中で工夫してみよう

「ベランダで読書してみたいけど、どんな本を読めばいいか分からん」という方は、以下の記事で私のお気に入りの本をまとめていますので、参考にしてみてください。

「自分はぼんやりとしたなんでもない奴だし、生きている価値なんてないな」と思うことも多々ありますが、「ベランダ読書」のようなささいなことで楽しくなれるんなら、パットしないこんな人生もまぁアリかな、と思います。

こんな根暗な人間ですが、ブログを読んで下さる皆様、改めていつもありがとうございます。

▼関連記事

読書
スポンサーリンク
もりもんをフォローする
ホンシツライフ

コメント